常盤山部屋 公式ホームページ

師匠のご挨拶

『どの子も我が子』と書いてから二年の時が過ぎました。

今一緒にこの「相撲道」を必死に上り続ける弟子たち、別の道を一生懸命生き始めた子たち、縁あって私の元にきた弟子たちが力強く生きて幸せになってくれることが変わらない私の願いです。

前へ進んでゆきます。

               常盤山 太一

タイトルとURLをコピーしました